大分県手話通訳問題研究会
   

聴覚障害者福祉と手話通訳者の社会的地位の向上を目指して、研究・運動を行う全国組織です。
昭和49年に設立され都道府県すべてに支部があります。

手話に興味のある方、聞こえない人たちのこと、手話通訳に関すること。みんなで考えられるところです。

月1回の定例会(講演会・学習発表・技術学習・ろう協会員との交流など)
各地域での班学習会
外部講師を招いての技術力アップ
各種研修会に参加
手話通訳に関する事例検証
大分県聴覚障害者協会・大分県手話サークル連絡協議会・大分通研3団体での各種取り組み

県内を下記の地域に分けて、それぞれ活動をしています。
・ 大分(昼)
・ 大分(夜)
・ 中津 宇佐
・ 別府 杵築 日出
・ 日田 玖珠 九重
・ 豊後大野 野津
・ 臼杵 津久見
・ 佐伯

調査研究部(事例についての研究&地域班との連携など)
書籍部(全通研本部の出版物取り扱い)
広報部(月1回 機関紙発行)
健康対策部(会員健康調査・管理など)
事務部(事務全般)

交流の場です。
手話通訳とは?ろうあ者と通じる手話とは?・・・学びがあります。
各種研修会(九州・全国)は、会員価格で参加できます。
いろんな職業、年齢の人たちがいます。
年度始めは、初めての方たちへのピヨピヨ講座をやっています。